• ALWAYS EMOTIONセミナー・研修実績一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ

【 人財育成 】野球プレミア12と社員育成

現在台湾で行われている、野球世界大会プレミア12にて、

侍ジャパンが5戦全勝で決勝トーナメントへ進出することになりました。

 

特に、昨日の試合では9回表に逆転を許し敗戦かと思われた直後、

9回裏に再度逆転をしサヨナラゲームでの勝利を勝ち取りました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00054359-baseballk-base

 

野球での侍ジャパンやサッカーでのハリルジャパンなど、

「日本代表」が通常の野球やサッカーとは別物として注目されるのは、

やはり国の代表としての「誇り」を持っているからこそだとスズリュウは思っています。

 

応援する方はもちろんのこと、代表選手として選ばれた各選手が、

「代表として恥ずかしくないプレーを」と口を揃えると共に、

その表情には紛れもなく「誇り」を持って臨んでいます。

 

実は、人財育成をするうえで最も大切なことの一つが、

「誇り」をどの様に育んでいくかということです。

 

自分自身の仕事に対する誇り、

自分の会社に対する誇りがあるないかで、

その人の仕事に対する向き合い方は全く変わっていきます。

 

人財育成

 

逆に、誇りを持てない状態でどれだけ知識やスキルを与えられても、

それらは宝の持ち腐れになってしまいます。

 

とくに、中小企業においては、

「うちの会社なんて・・・」と、

会社に対する誇りを持てないだけでなく、

引け目すら感じていることもあります。

 

とは言え、

「もっと誇りを持ちなさい!」

という言葉だけで誇りを持てるほど簡単なものではありません。

 

会社の中に、

「自分や自社に対する誇りが持てるような社風」

があるかどうか?

 

実は、誇りを育むためのポイントはここにあります。

 

そんな「社風」を作るにはどの様にしていけばいいのか?

 

ぜひ、経営陣が頭を振り絞って考えることはもちろんのこと、

スタッフの皆さんと共に考えていくことがまずはスタートですね!

 

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

自分自身と自分の会社に誇りを持てるための「社風創り」を、

私たちALWAYS-EMOTIONと一緒に進めていきませんか?

■ 経営者向け個人コンサルのQ&Aはこちらへ

⇒ https://always-emotion.com/qa/

--------------------------

サブコンテンツ

ALWAYS-EMOTIONの最新記事はコチラ

  • ALWAYS EMOTIONセミナー・研修スケジュール一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ