• ALWAYS EMOTIONセミナー・研修実績一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ

【 人財育成 】名作漫画から学ぶ、仕事や人生で大切なこと

ドラえもんのひみつ道具、一つだけ好きなものを貰えるとしたら?

スズリュウは昔から漫画が大好きで、今でも毎週1冊、週刊少年漫画雑誌を購読しています。

実は、漫画はただ単に面白いだけではなく、ストーリー性のある漫画の中には人生や仕事の中で本当に役立つことや大切なことが数多くあり、元々漫画が大好きなスズリュウは研修や講座の中でも漫画のネタをよく使います。

『ドラえもん』や『ドラゴンボール』といった名作漫画は、男女に限らず多くの方が知っています。

例えばドラえもんの場合、「ドラえもんのひみつ道具の中から一つだけ好きなものを貰えるとしたら、皆さんは何が欲しいですか?」と言った質問をします。

この質問に対して断トツで出てくるのが「どこでもドア」という回答。

『タイムマシン』や『タケコプター』、『スモールライト』といった有名道具も出ては来るものの、『どこでもドア』が出てくる数は圧倒的に多いんです(笑)。

その理由を尋ねてみると、これまた一番多いのが、「一瞬でどこでも行けるから、ギリギリの時間まで他の事をしていられる(もしくは寝ていられる)」という回答です。

そんな理由が挙がってきたときには、このように言葉を添えます。

「そうですよね。

ところで、子供たちが『どこでもドア』を選ぶときの理由は、何処でも『好きなところ』に行けるという理由なんですね。

それに対して僕たち大人は、『移動する時間を短縮できる』というところに、ものすごく大きな価値を感じるんですよね。

そう、実は仕事をしていると、仕事や人生において『時間』はあってもあっても足りないということを痛感するからこそ、『どこでもドア』の有り難さが身に染みて分かりますよね。

すると、どこでもドアを知っている人はみな大きく頷き、「うん、本当にそうだ!」という気持ちがスッと心の中に入っていくんですよね(笑)。

漫画から学ぶ、仕事や人生で大切なこと

悟空やベジータが瀕死の状態から復活するとどうなる?

また、ドラゴンボールの場合は、「サイヤ人が瀕死状態になってから復活すると、どうなるか知っている人?」といった質問をします。

すると、悟空やベジータといったサイヤ人の特徴を知っている方は、「それまでよりも大幅にパワーアップして復活します!」と自信を持って答えます。

その回答が返ってきたら、スズリュウはすかさずこのセリフ。

「そう、実は僕ら人間(サイヤ人に対しての地球人という意味での人間という表現です)も、『もうこれ以上は無理だ』と倒れてしまいそうなぐらいまで本気の本気でトコトンやり抜くと、自分でも驚くほどのレベルアップをすることって実際にあるんですよね。

踏まれることで強くなる雑草や、骨折した箇所が以前よりも太くなって頑丈になるのと同じように、負荷をかけることでその負荷に耐えられるように強くなるという特性が僕ら人間にはあるんです。

だからこそ、中途半端にやるのではなく、「これでもか!」というぐらいトコトンやることで、初めて成長出来るんですよね」

という説明をすると、ドラゴンボール好きの人はほぼ無条件で「確かに!」と、ものすごく腑に落ちた様子で頷かれます(笑)。

漫画から学ぶ、仕事や人生で大切なこと

名作漫画には、人生の大切な教えがたくさん込められている

「ドラえもん」や「ドラゴンボール」以外にも、「北斗の拳」や「NARUTO」といった世界的にも認められている漫画の中には、このようなたとえ話だけでなく、人生における本当に大切なことが多々描かれています。

名作漫画から学ぶ、仕事や人生で大切なこと

「わが生涯に一辺の悔い無し!!!:北斗の拳のラオウの最期の台詞」、「私を母にしてくれてありがとう…ミナトを父にしてくれてありがとう…私達の元に生まれてきてくれて……本当にありがとう!!:NARUTOのお母さんの最期の台詞」など、名作漫画には後世に残る名言が多々あります!

 

実際に読んだことが無い方にはあまりピンと来ないかもしれませんが、様々な漫画を読んでいることで、何かしらのその人にヒットする漫画というものがあったりします。

もしもその漫画を好んで読んでいた方にとっては、その一言は本当に大きなものとしてその人の心の奥まで届きます。

このように、日々慣れ親しんでいることと繋げることで、その人の学びや気付きがよりリアルになりやすくなります。

その中で、漫画という媒体は身近な仮想空間として感じることが出来る、とても便利なツールでもあります。

もちろん、その漫画を知らない方も当然いますので、そんな場合にはしっかりと解説も付け加えます。

そして漫画には、現実としてはあり得ないことでも、興味を持って読んだ漫画での出来事やストーリーは、潜在意識的にとてもスッと入りやすいという特徴もあります。

子供のころ、あまりにも漫画ばかり読んでいてく「漫画ばっかり読んるとバカになっちゃうよ!」と言われたこともありますが(のび太みたいですね(笑))、真剣にちゃんと読めば、漫画だって結構役に立つものです。

全ての物事には、必ずプラスの面とマイナスの面があります。

マイナス面の事を理解しながら、プラスの面を多く引き出すことをしていけば、どんな物事からも学びは得られます。

ぜひ、漫画が大好きなお子さんがいらっしゃったら、漫画が持っているファンタジー性や想像&創造力を共に喜び驚いてあげ、ぜひぜひ子供たちの想像的創造力を伸ばしてあげるような接し方をしてあげたいですね!

サブコンテンツ

ALWAYS-EMOTIONの最新記事はコチラ

  • ALWAYS EMOTIONセミナー・研修スケジュール一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ