• ALWAYS EMOTIONセミナー・研修実績一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ

【 人財育成 】挑戦の場を得ると人は伸びる

1食500円のスペシャルなランチ

一昨日の日曜日、今年の3月に卒業予定の調理専門学校生による、フードフェスティバルが恵比寿で開催されました。

飲食店を丸ごと貸し切り、自分たちが考えプロデュースした料理でお店を運営するという実践的なイベントです。

このイベントに、辻竜がとても大好きなスペイン・バル、「バル・ビスカ」さんでアルバイトをしている俊平くんの晴れの舞台ということで、応援を兼ねて行ってきました。

この日のコンセプトは、昔食べていた「見た目が地味であまり美味しくない」というイメージの給食を再構築し、500円でどこまで新しく驚きのある給食に出来るかという挑戦です。

1食500円のスペシャルなランチ

1食500円のスペシャルなランチ1食500円のスペシャルなランチ1食500円のスペシャルなランチ

 

大混雑のパニック状態から次第にペースを掴んで行く

11時のオープン時には、各生徒さんの知り合いや親族の方々がどっと詰め寄せ、いきなり店内は大混雑状態。

ホール担当も厨房担当も頭が真っ白になるような状況で、とにかく皆が走り回っていたような状態でした。

しかし、時間が経っていくにつれ、徐々にペースをつかみ始めていきます。

ホール係と厨房係の連携指揮を取り始める生徒さん。

ホールメンバーに逐次指示を与えやるべきことを伝えて行く生徒さん。

与えられた役割を必死にこなす生徒さん。
オープン後しばらくは注文忘れや料理提供の順番間違い、ナイフやフォークの未セッティングや注文から提供までの時間がかかってしまったりの状態だったものが、次第に間違いが減り提供までの時間も短くなっていきます。

さらには、当日になって初めて分かった不具合なども、その場で考え改善を試みる動きも出てきました。

辻竜がお店にいたのはオープンから1時間ちょっとの時間でしたが、その後はさらにオペレーションも磨かれていったことでしょう。

挑戦の場を与えると人は伸びる

 

挑戦する場を与えることが一番の育成の応援

もちろん、事前準備やシミュレーションは何度も行ったことと思います。

でも、実際にふたを開けてみないと、どのようなことが起きるかはわかりません。

特に、一発勝負のこのようなイベントでは、その場で起きた不具合を如何にその場でクリアしていくかが勝負です。

そして、このような現場を実際に経験するからこそ、対応力や考え方が伸びていきますよね。

とにかくミスを減らすことだけを考えれば、先生方が事前に細かくチェックをして支持をしていけば大幅にミスは減らせるでしょう。

でも、それでは生徒皆さんの成長にはつながりません。

敢えて口出しを少なくし、生徒本人たちに考え挑戦する場を与えるからこそ、自ら考え自ら行動する力を伸ばせます。

失敗するかもしれないことを敢えて任せることは、とても勇気のいることです。

でも、人財育成においてこれ以上の成長する機会はありません。

その様な機会を与えた先生方、そして挑戦の場に見事向き合った生徒の皆さん。

その両方に大きな拍手を送ります!

とっても素敵な料理と頑張る姿、心からありがとうございます!!

挑戦の場を与えると人は伸びる

 

サブコンテンツ

ALWAYS-EMOTIONの最新記事はコチラ

  • ALWAYS EMOTIONセミナー・研修スケジュール一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ