• ALWAYS EMOTIONセミナー・研修実績一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ

【 人財育成 】正直に伝えること

人を育てる上で、「褒める」ということはとても大切なことですよね。

スズリュウも社会人になったばかりのとき、物事の良いところを見る様にする「美点凝視」ということを教えていただきました。

でも、何でもかんでも褒めていたとすると、ときには逆効果になってしまうこともあります。

例えば、飲食店の知人が新しい料理メニューを開発したとしましょう。

もしもその料理を食べたとき、正直美味しくないと感じたにも関わらず、「とても美味しいよ!」と伝えたらどうなるでしょう?

「とても美味しいよ!」という言葉を受けて、その料理を実際に店頭に出すかもしれません

もちろん、味の好みには個人差があります。

でも、本当にその料理が美味しくない料理だとしたら、「とても美味しいよ!」という言葉で喜びお客様にその料理を出したことで、お客様からのお店の評判が落ちてしまうかもしれませんよね。

【 人財育成 】正直に伝えること

もしも本当は美味しくないものを「とても美味しい!」と伝えたら?

 

そう、人を育てる上で褒めることはとても大切です。
そして同じくらい、正直に伝えることもとても大切です。

正直に伝え現状を正しく認識してもらうことで、「もっと改善しなければ」という気持ちを与えてあげる事ができ、結果的に改善をすることができれば、その人にとっての成長になりますよね。

とはいえ、試食をして美味しくないと感じたときに、ただ単に美味しくないとだけ伝えたとしたら、それはそれで不親切です。

例えば、何がどの様に美味しくないと伝えることで、その料理の改善点のヒントになるかもしれません。

また、もっとこうすれば美味しくなるのではという意見を伝えることで、その料理は美味しい料理に変わる可能性もありますよね。

そう、「良くないな」と感じたこと正直に伝えた後、こうすればもっと良くなるかもしれないということもまた正直に伝える。

この様な真摯な姿勢を貫くことはとても難しいことですし、勇気のいることです。

でも、だからこそ、そのような姿勢で向き合っていくことはとても価値のあることでもあります。

言いにくいことを伝えながらも、その人のことを支援していく姿勢をしっかりと伝えていく。

人育てをしていく上で、これもまたとても大切なことのひとつですね。
-----------------------------------

リーダーや経営者に絶対に必要な「人を育てるための勘所」を習得することができる、
「四つの気質コーチング」スクールの体験講座を毎月2回開催しています。

次回の体験講座は2016年1月23日(土)10:00~12:00です。

詳細はコチラをクリックしてご覧ください。

四つの気質セミナー

4semina2
 

サブコンテンツ

ALWAYS-EMOTIONの最新記事はコチラ

  • ALWAYS EMOTIONセミナー・研修スケジュール一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ