• ALWAYS EMOTIONセミナー・研修実績一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ

【 人財育成 】満足度を高めるシンプルな方法

東京セミナールームのベランダの排水管の調子が悪かったため、昨日大家さんにその旨を電話しました。

大家さんのご主人はご不在で、奥様が電話にて対応をしてくださいました。

その電話にて、別の要件もお伝えし一旦電話を切ると、数分後にご主人から折り返しのお電話を頂きました。

排水管の整備をするために業者さんへ連絡を取ってくださったこと、別の要件に関しても不動産屋さんに連絡を取ってくださったことを連絡してくださいました。

さらにそのお電話から数分後、不動産屋さんから連絡が入り、そのまた十数分後に排水管整備の業者さんが訪問して下さりました。

電話をしてからほぼ30分以内に、

奥様 ⇒ ご主人 ⇒ 不動産屋さん
⇒ 排水管業者さん

と連絡がスムーズに行きわたり、こちらからの依頼ごともわずかな時間の間に完了しました。

仕事をお願いするうえで、「対応が早い」ということは非常に大きなサービス力の一つですよね。

実際、今回も思っていた以上に対応が早く非常に助かりましたし、非常に満足でした。

逆に、もしも当日に連絡が付かずに来週に持ち越していたら、「お願いした件は伝わっているのだろうか?」と、少なからず不安を感じたことでしょう。

一人一人の人が対応を早くするだけで、お客様の満足度は大きく増します。

でも、ここで注意が必要なのは、気質によってスピード感が全く違うということです。

 

満足度を高めるシンプルな方法

 

一般的に仕事が早いといわれている方の多くは、短い時間で仕事を行っていこうという意志の強い気質の人が多いんですね。

ところが、その様な気質の持ち主は日本人の中では少数派で、「自分の都合やペースでやればいい」と思う気質の人の方が圧倒的に多いのです。

ですので、単に「対応を早くしましょう」という指導だけでは、気質によって受け取り方も「早く」の度合いも全然違います。

元々スピーディーに物事を進める人は、言葉による指導だけでもかなり速度感を高めていくことが出来ます。

しかし、元々のスピード感がゆっくりな気質の人は、言葉による指導だけでは簡単に速度感を高めていくことが困難です。

当然、指導の仕方についても別のやり方が必要になっていきます。

ともあれ、お客様からの依頼に対する対応の速さは、満足感と大きく比例していくことは間違いありません。

単に「対応を早くしよう」というだけではなく、気質を理解したうえで「チームとして」対応の速さを高めていくことが、お客様満足度を高めていくうえでもとても大切ですよね。

~「自分は他の人よりもスピード感が遅い」とその人自身にが気付かせてあげることが、
  仕事のスピードを高めるための指導の第一歩である。(辻竜語録)~

ぜひ、そんな意味からも「四つの気質」によるスピード感の違いを、リアルに実感してみてはいかがでしょうか?

-------------------------------------------

「四つの気質」を理解すると、ツキや運の流れも意識できるようになります。
「四つの気質コーチング」スクールの体験講座を毎月2回開催しています。

現在お申込みできる直近の開催は、2016年1月23日(土)10:00~12:00です。

詳細はコチラをクリックしてご覧ください。

四つの気質セミナー

 

サブコンテンツ

ALWAYS-EMOTIONの最新記事はコチラ

  • ALWAYS EMOTIONセミナー・研修スケジュール一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ