• ALWAYS EMOTIONセミナー・研修実績一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ

【 人財育成 】 察する力

お正月も明けて、いよいよ今日から本格始動という方も多いと思います。

普段あまりテレビを見ないスズリュウですが、年末年始に限ってはかなりテレビを見ます。

1月2,3日に行われる箱根駅伝をはじめとするスポーツ関連番組、
そして大みそか恒例の「笑ってはいけないシリーズ」をはじめとするお笑い番組は、
単純な娯楽だけではなく数々の学びのヒントが満載です。

特に、お笑い芸人が一堂に会する番組では、
芸人さんたちの「察する力」の凄まじさが「これでもか!」というぐらい現れます。

芸人さんの仕事で重要なことは、いかにお客様を笑わせるかですよね。

そのためには、当然お客様の好みや嗜好を「察する力」が必要ですし、
その場の流れや空気を「察する力」が必要です。

また、番組内では様々な「ボケ」や「ツッコミ」が飛び交いますから、
「今ここではボケが必要だ!」「今、まさにツッコミどころだ!」と、
今自分が何を求められているかを「察する力」が必要です。

そう、実はお笑い番組を「察する」という観点から観ていくと、
お笑い芸人さんたちの凄まじい「察する力」を思いっきり体感でき、
それは、日々の自分たちの仕事にも非常に大きなヒントとなります。

 

【 人財育成 】 察する力

 

実際の仕事の中でもありますよね。

会議の最中、今ここでまさに発言が欲しいという場面や、
話の流れが逸れてしまっているのを如何に修正するかという場面。

また、お客様と接しているときにお客様が今何を望んでいるかという場面や、
上司が部下に「これを分かって欲しい」と指導をしている場面。

「察する力」が磨かれていればいるほど、
このような場面で「相手が何を望んでいるのか?」を理解できるようになり、
より仕事はスムーズに進むようになります。

お笑い芸人さんの中でも長年に渡って活躍をしている人たちは、
紛れもなくこの「察する力」が非常に磨かれていて、
絶妙のタイミングで絶妙な発言や行動を取っていますよね。

そう、同じ芸人さんでも自分の持っている持ちネタで人気が出た芸人さんと、
お客様や場の空気を察してその場に合わせた対応ができる芸人さんでは、
長い目で見た人気やフリートークでの対応力も断然違っていきます。

「察する力」というものは一朝一夕では身に付けられません。

また、気質によっても察することが出来る場面や分野には得手不得手があります。

さらには、特定の気質が他よりも強くなればなるほど、
「察する」ということ自体が全く頭に浮かんでこない人も存在します。

つまり、単に「察する力」を磨くといっても、同じやり方や方法だけでは全く通用しません。

また、

・察しようとしているけれど察することが苦手な人
・察するということの経験や重要性がたまたま少なかった人
・察すると言うこと自体に全く興味のない人

では、「察する」ということに対する感覚もアプローチも全く違います。

仕事をするうえで、「察する力」が非常に重要だということは言うまでもありません。

でも、それ以上に重要なのは、
「察する」ということに対する考えや感覚、感度は人それぞれで、
一人ひとりの感覚や感度の違いを理解した指導や育成が必要だということです。

楽しませることに対する感度の高い人、
礼儀に対する感度の高い人、
リスクや危険に対する感度の高い人、
他人に対して全く関心のない人。

これらはある意味、気質によって大きく変わっていきます。

そう、実はその人の気質を理解し知ることは、
「察する力」を磨く上でも非常に有効でもあるということですね。

「もう少し周りに対する気遣いが欲しいな」
「もうちょっとユーモアセンスが欲しいな」
「もう少しリスク管理をして欲しいな」

という場合には、まずは気質を知ることから始めてみてください。

今まで上手くいかなかったアプローチから、
全く違ったアプローチへと変えていく大きな助けになるはずですよ!

-------------------------------------------

一人ひとりの特性を理解し、「察する力」を伸ばしていくための全く新しい観点を学べる。
「四つの気質コーチング」スクールの体験講座を毎月2回開催しています。

次回開催は2016年1月9日(土)10:00~12:00です。

詳細はコチラをクリックしてご覧ください。

四つの気質セミナー

 

 

サブコンテンツ

ALWAYS-EMOTIONの最新記事はコチラ

  • ALWAYS EMOTIONセミナー・研修スケジュール一覧
  • 人材育成スペシャル講師
  • 人財育成&組織改革の勘所ブログ